評価高まる国産チーズ、健康志向により人気上昇中

本格チーズといえば外国産…そんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなイメージを覆すおいしい国産チーズが続々と登場しています!

塩味が少なく、うまみが多い国産のナチュラルチーズは海外でも高い評価を受けており、

日本国内の工房の数や若手のチーズ職人も増えています。

評価高まる国産チーズ

10月下旬に開催された「ジャパンチーズアワード2018」は2014年から2年に一度開催されている

このイベントの中で過去最多の78団体・233作品の応募数となり、

応募された作品のクオリティーも高く、日本のチーズの品質の高さを示す結果となりました。

グランプリに輝いたのは北海道・喜茂別町のチーズ工房タカラの熟成チーズ「タカラのタカラ」で、

原料の生乳を絞ってから6ヶ月以上熟成したハードタイプのチーズです。

作るのが非常に難しく、

日本で長期熟成が必要なチーズを作るのはまだ少数派で

完成度の高さに会場から感嘆の声が聞かれました。

著名な国際コンクールでの日本産チーズの受賞も増えていて、

本場欧州などでも受け入れられるようになってきました。

国内のチーズ消費量の拡大

国内のチーズ消費量は拡大していて

農林水産省によると、2017年度のチーズ消費量は16年度に比べて

5.3%多い33万834㌧となり

3年連続で過去最高を更新しています!

認知症予防や血管年齢が若返るなどチーズの健康機能が注目されたことが背景としてあります。

また、中高年層の需要が伸びており、家でお酒を楽しむ際のおつまみとして

チーズを食べる機会が増えています。

若者を中心にSNSにアップする際に写真や動画映えすることからチーズを使った料理が人気となっていて、

飲食店での提供も増えています!

まとめ

チーズ全体の人気が高まる中、国産チーズの評価の向上!

今後さらに注目の食材となっていくと思います。

当サイトでは飲食店のプロがそれぞれに合った方法で

オーナー様のお店がよりよくなるお手伝いをしております。

ぜひ飲食店のプロにお気軽にご相談ください。

」は必須項目となります。
飲食店再生飲食店売却居抜売却飲食店開業飲食店店舗賃貸飲食店FC化

フォローをお願いします

投稿者プロフィール

エイトシナジー
エイトシナジー
ホームページの管理人はちこです!
InstagramやFace book、twitterで飲食店に関する様々な情報を発信していきます。
お忙しいオーナ様方に代わって他のお店をリサーチして参ります。
ご要望などたくさんのご意見お待ちしております。

飲食店経営の専門家 店舗エージェントはこちらから